東北メディカル・メガバンクでは、ゲノムコホート研究と医療情報ネットワークが事業の2本柱となっている。ゲノムコホート研究では、生体試料の保管やデータの解析・保存にスーパーコンピューターなどの大規模な情報処理施設が必要となる。また、医療情報ネットワークは電子カルテの共有などで構成されるもので、やはりIT(情報技術)が要となる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)