これまで偶然に頼らざるを得なかった変異導入による農作物の育種が、新技術の登場で進化している。エピジェネティクスで標的の遺伝子の転写量を減らすノックダウン技術や、人工ヌクレアーゼで標的の遺伝子を破壊するノックアウト技術の実用化が進む。日本の植物科学の研究者が進化に多大な貢献をしている。まずは苦節20年で実用化のめどが立ったキメラ技術から紹介する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)