米Obama政権は2012年4月26日、米国のイノベーションと経済成長をけん引するバイオサイエンス研究を強化する政策として「バイオエコノミー・ブループリント(National Bioeconomy Blueprint)」を策定したと発表した。バイオエコノミー・ブループリントは、バイオサイエンスの研究とイノベーションを原動力とする経済活動、すなわちバイオエコノミーを促進するため連邦機関が取るべきステップを概説し、このゴールを実現するため連邦政府を横断して現在行われている活動の詳細が述べられている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)