2012年4月27日に開催されたレギュラトリーサイエンス学会のシンポジウムで、厚生労働省医薬食品局安全対策課の俵木登美子課長は「医薬品安全対策の現状と今後の方向」と題する講演を行った。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)