米Sucampo Pharmaceuticals社が武田薬品工業に対して、契約終了や賠償を求めて国際仲裁裁判所に調停を申し立てていた件で、同裁判所の仲裁判断期限が2012年5月31日に延長された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)