日本医学会傘下の日本栄養・食糧学会は、利益相(Conflict of Interest;COI)の有無を臨床研究の発表について開示する試みを2012年6月から開始する。演題を登録するときに書式で自己申告するとともに、筆頭発表者は発表スライドあるいはポスターの冒頭で所定様式によりCOIの有無の状態を開示する。日本医学会の要請に応えてまずは1年間試行することを3月20日の理事会で決定した。2012年5月18日から20日に東北大学で開催される第66回日本栄養・食糧学会大会が終了してから区切りの良い6月1日を開始日に設定した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)