北海道大学大学院薬学研究院臨床病態解析学の武田宏司教授は2012年4月24日、札幌市内で食欲に関する研究成果について講演した。演題は「食欲の異常はなぜ起こる?-その病態と臨床へのアプローチ-」であった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)