米Duke University医療センターの研究チームは2012年4月25日、成体のゼブラフィッシュを用いた研究で、ごく少量の胚細胞があれば心筋の外層を形成できることが明らかになったと発表した。研究論文は同日のNature 誌、電子版で発表された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)