オンコセラピー・サイエンスの最終治験失敗の影響を受けて120を割り込んだ日経BP・バイオINDEXだが、3月14日には120を回復し、その後はほぼ同じ水準を1カ月間にわたり維持している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)