米エネルギー省(DOE)傘下のOak Ridge National Laboratory(ORNL)は2012年4月17日、特定の波長の光を当てると酵素の触媒機能を30倍も増加させることに成功したと発表した。この研究成果は安価なバイオ燃料や洗剤、また他の多くの製品の生産に応用できる可能性がある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)