愛媛柑橘資源開発研究所が開発したキメラを利用したかんきつ類の新品種が3年後にも実用化される。同研究所の成果を引き継いで実用化を進めているJA全農えひめが2012年3月22日、キメラかんきつ「エクリーク65」の愛称を「ひめルビー」に決めた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)