科学技術振興機構(JST)の戦略的創造研究推進事業さきがけ(個人型研究)で「質量顕微鏡法による神経伝達物質のイメージング」という研究課題に取り組んでいる関西医科大学医学部の矢尾育子講師らは、神経伝達物質の1つであるアセチルコリンの脳神経細胞における分布を可視化することに成功した成果を、ドイツAnalytical and Bioanalytical Chemistry誌のオンライン版で発表する。JSTの杉浦悠毅さきがけ専任研究者(現在は慶応義塾大学に所属)が筆頭著者、矢尾講師が責任著者のオープンアクセスの論文が近く公開になる。この解析に用いた質量分析装置は、近畿大学農学部に設置してあるものを用い、データ解析は浜松医科大学で行った。近畿大と浜松医大の研究者も論文の連名著者だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)