2012年4月16日に大阪で開催された、新適塾「未来創薬への誘い」第18回会合において、富山大学和漢医薬学総合研究所の小泉桂一准教授が、ケモカイン受容体を標的とした新しいがん治療戦略について紹介した。同教授はケモカインを標的とする診断法についても発表している

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)