九州大学、東京医科大学、ボナック(福岡県久留米市、林宏剛社長)は、核酸医薬の臨床応用を目指し、産学連携ベンチャー企業のアクアセラピューティクスを福岡市に設立したと2012年4月19日に発表した。ボナックの経営企画室室長兼CFOで、中外製薬で抗体医薬・たんぱく質医薬の開発経験のある吉川寿徳氏が社長に就任した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)