米国立衛生研究所(NIH)は2012年4月14日、米国バイオセキュリティー国家科学諮問委員会(NSABB)がH5N1型鳥インフルエンザ研究の修正論文、2報の公開を認める勧告を発表したことについて声明を発表した。NSABBはこれらの論文について、バイオテロに悪用される可能性があるという懸念から、公開に際して一部の情報を掲載しないように勧告していた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)