武田薬品工業は2012年4月11日、米URL Pharma社を8億ドルで買収することで同社と合意したと発表した。今後、必要な手続きを経て、60日以内に買収を完了する見込みである。買収完了後は、武田薬品の米国販売子会社であるTakeda Pharmaceuticals USA(TPUSA)社に統合される。買収契約に基づき、武田薬品はURL Pharma社の株主に対して、2015年以降の一定期間、業績に応じたロイヤルティーを支払うことになる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)