東京医科歯科大学の高柳広教授と林幹人博士らの研究グループは、セマフォリン3A(Sema3A)に骨吸収抑制・形成促進作用があることを発見した。Sema3Aは、神経が伸びる方向を制御するたんぱく質として知られていたが、今回の研究により、骨保護作用という意外な機能を持つことが明らかになった。2012年4月18日にNature誌オンライン版に発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)