東京理科大学の辻孝教授らと、昭和大学、北里大学、オーガンテクノロジーズ(東京・千代田、朝井洋明社長)の研究チームは、マウス成体の毛包から上皮性幹細胞と毛乳頭細胞を採取して再生毛包原基を構築し、これをマウスの皮膚に移植して毛を生やすことに成功した。2012年4月17日にNature Communications誌に発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)