米California大学San Francisco校(UCSF)などは、2012年4月15日、急性骨髄性白血病(AML)治療薬候補としてこれまでに開発されてきたFLT3阻害薬が臨床試験で成功を収められなかった理由がFLT3の耐性獲得にあることを示唆する研究結果を得たと発表した。詳細はNature誌電子版に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)