日本糖尿病学会の門脇孝理事長(東京大学付属病院院長)は、かねてから同学会、日本糖尿病協会、日本医師会などが進めてきたHb(ヘモグロビン)A1Cの国際標準化について、一般開業医や一般消費者の認知度を向上させる啓蒙・啓発が一層必要なことを訴えている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)