資生堂は、真皮の線維芽細胞に分化する真皮幹細胞の基礎研究から、真皮幹細胞の機能を維持している成長因子が血小板由来成長因子(PDGF)-BBであることを突き止めた。イノシトールがこの成長因子の皮膚での発現を高めることから、秋にもこれを配合したスキンケア化粧品を国内外で売り出す。真皮幹細胞の機能回復を補助し、加齢に伴う肌の老化に効果があると同社では期待している。2012年4月12日に発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)