米Abbott Laboratories社は2012年4月11日、ヒト型抗ヒトTNFαモノクローナル抗体製剤「Humira」(一般名:アダリムマブ)が中程度から重度の活動性潰瘍性大腸炎(UC)成人患者の治療薬として欧州で承認されたと発表した。中程度から重度のUCに用いる自己注射可能な治療薬の承認は初となる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)