英国のUniversity of OxfordやImperial College London、および米国の研究所の研究者らが行った研究は、種の多様性の減少や、将来の食糧危機を防ぐために、植物や動物の、既存および新興の真菌感染を防ぐ手段が必要であると指摘している。研究成果は2012年4月11日のNature誌に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)