日本再生医療学会は、2012年6月12日から14日にかけて横浜市のパシフィコ横浜アネックスホールで開催する第11回日本再生医療学会総会で「YOKOHAMA宣言」を発表し、再生医療の実用化のために必要な規制の運用体制の整備を求める。2012年4月10日に、学会長の澤芳樹大阪大学大学院心臓血管外科教授が再生医療学会エデュケーショナルセミナーで明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)