米BioAmber社は2012年3月27日、米DuPont社からライセンスを受けた水素化触媒技術(hydrogenation catalyst technology)をスケールアップして、数tオーダーのバイオコハク酸を1、4-ブタンジオール(1、4-BDO)、テトラヒドロフラン(THF)およびガンマ-ブチロラクトン(GBL)に変換することに成功したと発表した。これら化学品はポリエステル、ポリウレタン、スパンデックス、生分解性プラスチックなどの生産に主に使用され、BioAmber社はこれら化学品のグローバルな市場規模は40億ドルを超えると見ている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)