米国では後発品は、処方薬の3分の2(処方箋ベース)を占めている。後発品の使用により、1999年から10年間で1兆ドル以上の医療費を節約したとされる。新規医薬品は92年から、Prescription Drug User Fee Act (PDUFA)法により申請時に審査料を課されている。しかし、後発品はその開発、申請を促進するため、現在は申請に費用はかからない制度となっている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)