米Amgen社と米KAI Pharmaceuticals社は2012年4月10日、Amgen社がKAI社を3億1500万ドルで買収することで合意したと発表した。KAI社のリード製品候補「KAI-4169」は、慢性腎臓病(CKD)の透析患者に見られる合併症、2次性副甲状腺機能亢進症(SHPT)の治療としてフェーズII段階で開発されている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)