国内糖尿病治療薬市場の競争がより激化となる中で、ジペプチジルペプチダーゼ(DPP)-4阻害薬のテネリグリプチン(MP-513)とナトリウム依存性グルコース共輸送体(SGLT)-2阻害薬カナグリフロジン(TA-7284)の自社創製品2候補を開発する田辺三菱製薬。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)