米Mayo Clinicは2012年4月9日、乳がん患者とその腫瘍の遺伝情報に応じた個の医療を検討する乳がんゲノム誘導治療研究(BEAUTYプロジェクト)を開始すると発表した。同プロジェクトでは、患者の治療前の健康な細胞と化学療法を受ける前後の腫瘍から採取した3つのゲノムの全ゲノム解読で得られた遺伝情報と患者の腫瘍組織を移植したマウスを利用して、個々の患者に最適な治療を特定する計画だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)