武庫川女子大学薬学部薬剤学研究室の中瀬(高谷)朋夏講師(写真)は2012年3月30日、日本薬学会第132年会において、高血糖負荷が乳がん細胞の運動性亢進に与える影響と亜鉛の役割についての研究成果を発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)