2011年3月11日に発生した東日本大震災により、宮城県、福島県の医療機関や研究機関、民間企業は文字通り壊滅的な打撃を受けた。地震に続く原子力発電所事故による研究者や企業の同地域からの逃避を心配する声も依然として強い。東北大学では地震の強い揺れで建物や研究機器が破壊され、その被害は600億円にも達した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)