2012年3月28日に開催された厚生労働省の中央社会保険医療協議会総会で、ALK遺伝子検査の診療報酬として6520点が、ケモカイン受容体4(CCR4)たんぱく質の発現検査には1万点が認められた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)