バイエル薬品の2011年の売り上げは対前年比5.5%増の1913億円(薬価ベース)となったが、同社は2012年4月に発売予定の経口抗凝固剤イグザレルトや年内発売予定の滲出型加齢黄斑変性治療薬VEGF Trap-Eyeなどを弾みに2013年には2000億円を目指す考えだ。同社セバスチャン・グート社長が、2012年4月5日に開催した記者会見で明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)