シンガポールにあるDuke-NUS Graduate Medical School (Duke-NUS)および、シンガポール国立がんセンターが率いる国際研究チームは、胃がん細胞で変異を起こしている、数百の新規の遺伝子を発見した。研究成果は2012年4月8日付のNature Genetics誌に掲載された。個々の胃がんの遺伝子の状況に合わせた個の医療を確立する道を切り開くものである。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)