米University of Washingtonの研究者らは、同大学が独自に開発した手法を使った自閉症スペクトラム障害 (ASD)の遺伝的原因の研究から得た知見を発表した。研究成果は、2012年4月4日にNature誌オンライン版に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)