英製薬企業第2位のAstraZeneca社の2011年12月期決算は売上高で前年同期比1%増、営業利益で同11%増となった。ただし、2012年12月期は、減収減益の見込みで数千人単位の人員削減を行うと発表。今後の業績は厳しい状況に追い込まれるようだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)