米Abbott Laboratories社は2012年4月4日、2件のフェーズII試験で、経口型の直接作用型抗ウイルス薬を組み合わせた、インターフェロンを含まないレジメンが、C型肝炎ウイルス(HCV)感染者に有効で安全であることが示されたと発表した。詳細は、4月18-22日にスペインで開催される国際肝臓学会議(ILC)2012で報告される予定だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)