ベルギーUCB社と米Amgen社は2012年4月4日、スクレロスチン抗体「CDP7851/AMG 785」を閉経後骨粗鬆(しょう)症の治療薬として評価するフェーズIII試験を開始すると発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)