東海大学医学部基礎医学系分子生命科学の猪子英俊教授らは、ライフテクノロジーズの高速シーケンサー「Ion PGM」を用いてヒト白血球抗原(HLA)型をタイピングする技術を開発した。1分子のDNAから配列を決めるため、多型部位の染色体上の位置情報を含めたHLA型が正確に把握できる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)