富士化学工業は2012年4月4日、日本と米国、スウェーデンで行ってきたアスタキサンチン事業を4月1日に統合し、アスタリール(AstaReal)というブランド・社名に一本化したことを都内開催の説明会で発表した。日本法人はナチュリルをアスタリールへ、米国法人はFuji Health Science, Inc.社をAstraReal, Inc.へ、スウェーデン法人はBioReal(Sweden)ABをAstaReal ABへと、それぞれ社名を変更した。アスタリールの社長を兼任している富士化学工業の西田光徳社長が、説明会で統合の狙いなどを発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)