長崎大学がん・ゲノム不安定性研究拠点、同大学院医歯薬学総合研究科付属原爆後障害医療研究施設の荻朋男准教授、中沢由華助教、カネボウ化粧品価値創成研究所の高橋慶人主任研究員らは紫外線高感受性症候群の原因遺伝子を発見し、その分子機能を明らかにした。研究成果はそれぞれ異なる手法で紫外線高感受性症候群の原因遺伝子を解明した大阪大学大学院生命機能研究科の田中亀代次教授ら、およびオランダErasmus Medical CentreのJurgen A. Marteijn氏らの論文とともに2012年4月1日付のNature Genetics誌電子版に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)