岐阜県産業技術センターの横山慎一郎専門研究員は、石川県立大学生物資源環境学部の松本健司准教授と共同で、岐阜県特産の干し柿でブランド力の高い「堂上蜂屋柿」の原料となる渋柿「蜂屋柿」の未成熟果実に強力な胆汁酸の吸着作用があることを見いだし、この活性成分を縮合型タンニン(柿タンニン)と同定した。また、2型糖尿病モデルマウス(NSY/Hos系統)の系で柿タンニンが、脂質異常症と糖尿病予防にも有効であることを見いだした。京都市で開かれた日本農芸化学会2012年度大会で2012年3月23日、横山専門研究員が一般講演で発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)