UMNファーマは2012年3月29日、金指秀一代表取締役社長が辞任し平野達義取締役が代表取締役社長に就任したと発表した。新経営陣は3月30日、本誌の取材に応じ、アステラス製薬に導出済みのH5N1インフルエンザワクチンおよび季節性インフルエンザワクチン、ノロウイルス・ロタウイルスの混合ワクチンの開発に加えて、ワクチンやバイオロジクスのCMOビジネスに注力していく方針であると説明した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)