2012年度の日本薬学会の創薬科学賞は2件あった。1件は「新規多発性硬化症治療薬フィンゴリモド塩酸塩(FTY720)の創製研究」。受賞者は田辺三菱製薬の千葉健治研究本部プロジェクトマネジメント部部長、三品正主幹、安達邦知研究本部創薬化学第一研究所マネージャー、藤多哲朗京都大学名誉教授、佐々木重夫三井製糖開発生産本部商品開発部部長である。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)