東北メディカル・メガバンク計画では、大規模なゲノムコホート研究を実施するため、大量の生体試料を長期間保管するためのバイオバンクが必要となる。東北メディカル・メガバンク機構バイオバンク部門の栗山進一部門長に、バイオバンクの今後の運営方針などについて聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)