東京大学医科学研究所システム生命科学技術開発共同研究ユニットの後藤典子特任准教授らは、乳がん幹細胞がアポトーシスに抵抗するためのシグナル伝達の仕組みを発見した。2012年4月2日に米国アカデミー紀要(Proceedings of the National Academy of Science誌)に発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)