ゲフィチニブ(商品名「イレッサ錠250」)は、上皮成長因子受容体(EGFR)のチロシンキナーゼを阻害することで腫瘍の増殖を抑制すると考えられている抗悪性腫瘍薬で、「手術不能又は再発非小細胞肺癌」を効能・効果として、2002年7月5日に世界に先駆けて、日本で承認された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)