ノバルティスの慢性骨髄性白血病(CML)治療薬Tasigna(ニロチニブ)とGlivec(イマチニブ)が、英国民保健サービス(NHS)での使用ガイダンスでCMLの第1選択薬として推奨され、米Bristol MyersDquibb(BMS)のSprycel(ダサチニブ)は推奨されなかったことが分かった。英国立臨床評価研究所(NICE)が2012年3月21日に発表した最終ガイダンス案で明らかになった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)