米Neuralstem社は2012年3月28日、筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者12人を対象に神経幹細胞を腰部に髄腔内注入する治療の安全性を評価したフェーズI試験の結果をSTEM CELLS誌3月13日電子版で発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)