東日本大震災と原子力発電所事故で深刻なダメージを受けた福島県の産業復興を支援するために、経済産業省の「医療福祉機器・創薬産業拠点整備事業」に、2011年度第3次補正予算で394億9300万円が認められた。この事業の実施期間は2011年度からの5年間であり、予算は基金化されている。基金は福島県が管理し、既に全額が振り込まれている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)